FC2ブログ

POSERと外部の関係

2020年06月29日 21:31

POSER Newsで他のプログラムとの連携について書いていたので載せておきます

Poser、Python、およびDSONがどのように連携するのか
ckEcvc96YYlPUTaAFkxnYQ4QbZPiQZxC9ETsTRmU.jpg
Pythonを使用すると、Poserユーザーはソフトウェアの「内部」を使用して、エクスペリエンスをカスタマイズできます。

Poserでスクリプト言語のサポートを許可すると、ユーザーは創造性と生産性を自動化して解放する能力と柔軟性を得ることができます。

「PoserのPythonスクリプトは非常に便利な追加機能であり、Poserで必要な退屈な作業の一部を自動化し、
Poserで直接実行できないことも可能にします。

例として、マテリアルをポーズに、またはその逆に変換したり、すべてのライトを削除したりします。
 カメラをすばやく切り替えたりもします。
 Poserスクリプトを使用すると、さまざまなことが可能になります」
 と PoserサポートスペシャリストのStructureは述べています。

Poser 4のプロパックが2000年にリリースされて以来、PythonはPoserに含まれています。

最も人気のあるPythonベースのアドオンとプラグインの1つは、「Poser用のDSONインポーター」でした。

長年、PoserとDAZ3Dは共生関係にありました。
 DAZはPoserと互換性のあるフィギュアを作成しました。
 約10年前、DAZは独自の方法を採用することを決定し、
 アプリケーションとしてのPoserへ、もはや依存したくありませんでした。
 しかし、Poserユーザーを単に切り捨てするのは利がありませんでした。
 そうしてここにDSON(Daz Scene Object Notation)インポーターが登場します」
と説明しているのは、Poser開発チームのメンバーであるCharles Taylor別名Nerd3Dです。

プラグインは、PoserユーザーがDAZ Studioのフィギュア、ジェネシス1とジェネシス2、
 ならびにジェネシス用に作成されたプロップ、モーフ、UVをシームレスにロードできるようにしました。

プラグインはPoserのPython APIを使用して、DAZの新しい形式で保存されたコンテンツを変換し、
 Poserでリアルタイムに近い状態で表示できるようにしました。
これにより、Poserのユーザーは、Poser形式で変換せずにPoserでGenesisを使用し続けることができました。
とTaylor氏は述べています。

DSONプラグインは10年以上前に開発され、創世記のフィギュアと製品の最初の2世代でのみ機能しました。

「DAZはフォーマットを大幅に変更しており、DSONインポータープラグインは新世代のフィギュアをサポートするように更新されていません。
ジェネシス8は現在のフィギュアであり、DSONはジェネシス2までしかサポートしないよう維持された」
と述べた。

DAZのスタンドアロン3DレンダリングプログラムであるDAZ Studioの開発に伴い、
DSONプラグインは廃止され、DAZでサポートされなくなりました。

Poserはこのプラグインの権利を所有していないため、それを維持することはできません。
プラグインを独自に追加するとすると、
「DAZ Studioエンジンの一部が含まれているため、合法的に複製することはできません。
元のプラグインのソースコードがないため、再作成は違法なだけでなく、非現実的です。」
と、テイラー氏

さらに、他の多くのPythonスクリプトは、Poser 12のリリースによって影響を受ける可能性があります。

「POSER11ユーザーがDSONによって提供される利用可能なさまざまなコンテンツを失うことを望まないため、
Poserのいくつかの重要な更新を実際には控えていました。
しかし、使用しているPythonエンジンが古過ぎるところまで来ました、そしてそれを更新する必要がある」
と述べた。

Pythonは最初に実装されて以来、さまざまなイテレーションを経てきました。
現在、PoserはPython 2.7をサポートしていますが、プログラムのサポート終了日は2015年に設定されていましたが、
既存のコードの大部分を簡単にPython 3に移植できないという懸念から、2020年に延期されました。

「新しいバージョンのPythonに移行すると、ほぼ間違いなくDSONプラグインやその他のスクリプトが機能しなくなります。
必要な更新(進化)をもはや止めることはできません。
DAZは10年前のDAZプラグインを更新すると、Poserも前進する必要があり、待つことができません。 」
と述べた。

ユーザーがPoserでジェネシスフィギュアを使用したい場合は、DAZ StudioにPZ2(Poser形式)エクスポーターがあり、Poserのライブラリシステムからロードできるフィギュアをエクスポートできます。

「これにはもう少し準備作業が必要ですが、数値がPoser形式に変換されたら、それを再度行う必要はなく、それを機能させるためのプラグインは必要ありません」とテイラー氏は述べた。

Poserが他のプログラムと連携する3つの方法とDAZの回避策
gJNof7EYe3VxTgzMSHIj0DUPvVattfKBhGIqXddR.jpg
DAZのDSONインポーターに関する先週のPOSER News以来、
回避策やPoserを他のソフトウェアで使用することについて多くの質問が寄せられています。

おそらくご存知のとおり、Poserでは、レンダリングで使用する背景イメージ、ムービー、
3Dオブジェクトなど、さまざまなタイプのコンテンツをインポートおよびエクスポートできます。
これにより、サードパーティのアプリケーションを使用して、シーンを強化するために
使用できるテクスチャ、背景シーン、および衣服を作成できます。

Poserファイルと非Poserファイルの両方をシーンに取り込むことができます。
これらは、セットアップルームでPoserフィギュアに変換できる画像、ムービー、または小道具です。
サポートされているファイル形式に変換したら、ファイルをシーンにドラッグアンドドロップできます。

レンダーでさまざまなプログラムのファイルを使用できる3つの方法を次に示します。

The Genesis Work Around
dson-thumb.jpg
Genesis2のフィギュアを、Poserで使用するためにDAZ Studioのフィギュアを保存するための回避策はかなり簡単です。
これらは、通常DSONインポーターでサポートされるフィギュアですが、「TriAx」リギングされた任意の値で機能します。

どうやってするの:

•DAZの何もないシーンにフィギュアをロードします。
•含めたいモーフを適用します。(モーフのリストに表示されたままアクティブに適用する必要はありません)
•[File > Export > Poser CR2]を選択します。
•Base figure typeを選択します。
•Poserのランタイムフォルダーを選択します。
(ヒント:新しい空のラ​​ンタイムを配置して、簡単に見つけられるようにします。)
•[Save with PMD]をチェックします。
•Collect Files in Base Runtime Pathをチェックします。

これはGenesis1またはGenesis2の基本的なCR2を提供しますが、
DAZはファイルをPoser 9形式で保存するため、SuperFlyの素材はありません。

DSONでインポートして作成されたのと同じ種類のファイルを作成します。
また、DSONと同様に、最も基本的な拡散マップマテリアルのみが自動的に生成されるため、
マテリアルを作成する必要があります。

素敵なスキンシェーダーを取得する簡単な方法は、含まれているLa Femmeマテリアルの1つを使用してから、
マップをGenesisマップに切り替えることです。

残念ながら、バージョン3以降のGenesisのCR2をエクスポートすると、CR2が壊れます。
つまり、Poserで機能する新しいGenesisを入手するには、より多くの労力が必要です。
変更されたリギングシステムのため、RenderosityのFreeStuffセクションにある
WilldialのGenesis 3 Updater
を使用する必要があります。
G3とG8の両方のフィギュアで機能します。


ZBrushでPoserを使用する

ZBrushは、Poserや他のソフトウェアで使用するための高解像度モデルを作成
または変更する機能をユーザーに提供するデジタル彫刻ツールです。

Poserで使用するには、GoZアプリが必要です。
これにより、ユーザーは完全なFigureメッシュをエクスポートしたり、
選択した俳優や体の一部をカスタムモーフを作成してPoserに再インポートしたりできます。
GoZプラグインを使用すると、モーフの作成(逆変形ジョイント制御モーフを含む)を簡単かつ簡単に行うことができます。

さらに、法線マップまたはディスプレイスメントマップを使用して、モデルに詳細を追加することもできます。

PoserをBlacksmith3Dで使用する
BS3D.jpg
Blacksmith3Dを使用すると、高解像度のテクスチャペイントを実行し、
レイヤーをスタックして、テクスチャ構成のブレンドモードと強度を変更できます。
同じく Poserの親会社が所有するBlacksmith3Dは、チゼルデフォーマを使用しているため、
ユーザーはモデルをスカルプトして、膨らみ、滑らかにする、平坦化、シャープ、輪郭の彫刻を追加できます。
リアルタイムのディスプレイスメント/バンプマップのペイントとレンダリング。
自動UVマッピングなど。

Blacksmith3Dに加えて、Texture Transformer 2.0 では、
cr2、duf、pz2、またはmc6のファイルタイプでスキンテクスチャを作成できます。
TTv2はBlacksmith3D Pro 7で利用できます。
TTv2のアドオンを使用すると、ユーザーは簡単に図を新しいバージョンに変換できます。








Poserベータテスターに​​なる方法

2020年05月25日 20:42

Software_testing.jpg
https://www.posersoftware.com/article/465/how-to-become-a-poser-beta-tester
Poserソフトウェアのベータテストチームへの参加を考えたことはありますか?

Poserの次のメジャーリリースに取り組んでおり、最高のバージョンを作成するためのテスターが必要です。

具体的には、次のようなテスターが必要です
1. NDAに登録する意思がある
2. 3つ以上の3D / CGアプリケーションの
  経験がある
3.ソフトウェアアプリケーションのテスト経験がある

興味/経験があった方がいいもの:
1. 3Dアニメーションの興味/経験
2. ゲームエンジンの経験(特にUnity)。
3. AlembicやFBXを含む3Dインポート/エクスポートファイル形式の経験
4. Blender / SuperFlyでのCycles / Cycles2マテリアルの経験
5. 3Dテクスチャ、キャラクター、衣服の作成経験
6. .商用3D製品の作成経験

あとテクスチャ、キャラクター、服を作るユーザーもテスターとして必要です。

候補者は、以前のベータテストの経験と、明確で簡潔な繰り返し可能なバグを作成する能力を持っている必要があります。
この経験がない場合は、これを正しく行う方法に関する短いトレーニングセッションを行うことができます。
理想的な候補者は、新機能を試し、それを古いバージョンと比較して、一方が他方よりも優れている理由を知らせてください。

「私たちは情熱的で毎日Poserユーザーを必要としています。
このプログラムについてすべてを知る必要はありません。
Poserを愛し、それをより良くしたいだけです。
Poserを楽しんでいて、改善する」と説明したのは、
Poser SoftwareのコンテンツスーパーバイザーであるJenn Blake氏です。

候補者はこれらの要件のすべてを満たす必要はありません。
これは、Poser Software Beta Tester Teamに参加するための資格の完全なリストです。
ご興味がおありでしたら、admin @ posersoftware.comまでご連絡ください。
連絡先 の最高の電子メール、氏名とアドレス(参加に必要なNDAに必要な情報)、
および資格があることの簡単なリストをご用意ください。
あなたはこのチームの素晴らしい候補になります。

ご連絡をお待ちしております。


っとなっております。
時間があればやってみたいものです、って私じゃ役に立たないでしょうが (^^ゞ

.
MNE


Let's Stay Inコンテストからプレゼント

2020年05月04日 00:07

Let's Stay Inコンテストへ参加のためにRenderosityからプレゼント
SOtQuezSjqqfUxRdYm8spHbDUPaVYQI6umMxtgsb.jpg
基本的にはこのセットを使って作品をどうぞということでのプレゼントです。
参加しなくてももらうだけもらっておいて損はないですよ。

GCDインテリアバンドル
33_promo.jpg
44_promo.jpg
45_promo.jpg

インテリアバンドル
classic_bedroom.jpg
designers_living_room.jpg
modern_apartment.jpg
今のうちにもらっておいてください。

              MNE




POSER11.3緊急アップデート

2020年04月27日 22:43

緊急アップデートがありました
今回は前回の11.3.813から11.3.816と超マイナーアップです。
https://www.posersoftware.com/downloads
キューマネージャのクロスプラットフォームレンダリングの修正
特定のコンテンツ作成ツールの修正です。
コンテンツ作成ツールがバグってしまったことでベンダーさんの一声があったようで
今回の緊急アップデートになったようです。
どのツールがどう治ったのかは公表されていません。
ですので、コンテンツの作成や改造をする方は一応アプデする方がいいでしょう。
この辺に不具合を感じていなければアプデふようです。

コンテンツの作成や改造をする方へ取り急ぎのご報告でした。

早くみんなで夜の街へ行けるようになりますように。
13_20200427234219d07.jpg


                          MNE

POSER11.3アップデート

2020年04月24日 02:08

POSERニュースのLet's Stay Inのメールをチェックしに行ったら!?
なんと、もうアップデートが来てました。
https://www.posersoftware.com/downloads
11.3.740から11.3.813になってます。
リリースノートは更新されていないので細かいことは分かりません。
そしてアナウンスもないのでどこかバグフィックスだと思います。
機能の更新がなくともバグフィックスは重要ですのでアップグレードをお勧めします。

そして公式にPOSER12の話が出てます。
内容ではありませんがLet's Stay Inコンテスト(画像をクリック)で2位入賞でPOSER12が当たるとのこと
SOtQuezSjqqfUxRdYm8spHbDUPaVYQI6umMxtgsb.jpg
少しでも内容のアナウンスが欲しいものです。
 
                               MNE