FC2ブログ

evolution .mesh5ファーストインプレッション

2018年01月14日 23:56

evolution .mesh5が発進しました
ここの所公私共にとても忙しく、POSERの時間が取れずいじれていません(ToT)
1514658636947-early-edition_product.jpg

当初の情報どうり価格は

デモバージョン:モーフの無いベースフィギュア(動作確認用としています) は無料

フルバージョン:13人のモーフキャラクターと
          数百に及ぶ項目のBodyモーフ同梱で30ドル

マネキンセット:コンテンツ開発用キッド、V4服コンバートセットは5ドル
となっています。

昨日やっとインストールする時間が取れましたので少しいじってみました
今回は時間が許しませんで、ざっくり使ってみました
V4服のコンバート用セットはマネキンセットに入っていました。
これだけはフルバージョンに同梱してほしかったです。
私は配布をするためにマネキンセット購入は仕方ありませんが
一般の方にはせめてV4服コンバートセットだけは同梱が必須だったような気がします。

しかしながら、モーフの数はすごいです
DAZフィギュアなみに数が用意されているのですが
これを数人で作ったというのは圧巻です。時間がかかったわけですね。
のちに追加のSR1でモーフセットが追加予定ですがこれにプラスは凄い
V4モーフ++とは勝手が違うのでモーフの種類や癖をを把握しなければいけませんので
この数だと初めは大変ですね。
私はあきらめてさっさとZburasiに逃げます(笑)

そして、当初キャラは各人種で4人と言っていましたが
Curent Baceキャラ(モーフ無しBACEのツルツルのぽよぽよ)以外の付属のキャラクタは13人でした~すごい。
Aino Girl、Anna,Bantu Lady、Emma、Lil Pudgy Elf、Licia、Night Elf、Nordic Girl、
Regular Girl、Samaira、Shona Girl、Yamato Lady、Layday
01_201801122311325af.jpg
の13人です。大量ですがSR1でもっと増える予定です。
ツルツルベースをロードした時のキャラクターモーフINJも用意されています
02_20180112231131e20.jpg
マテリアルはFirefly用、Superfly用と各人種別に10種類、合計20種類用意されています

今回はサクッとYAMATOベースでキャラをモデラーは一切使わず
POSERのモーフパテも使わず付属のモーフのみ
ちょいちょいっと数十分TESTで作ってみました
ほぼダイヤルの確認に時間を取られました
実質製作は十数分と言ったところでしょうか?・・・それがこの子です
出来栄えは勘弁してください、とにかくいじる時間がないのです(>_<)
2b_201801130213449d5.jpg

私的に一番重要なのは目のモーフなのです。
そしてそれは3つのブロックに分かれていて各ブロックに沢山モーフがあります
一つのブロック内にJapaneseの項目も用意してありますのでうれしいですね
後でテストしてみます。
蒙古ひだの調節もあります。ひだのかぶり具合や深さ奥行き高さと細かく調節できます。
モーフ++では目をいじると外側、内側に広がったり、縮んだりして形を整えますので
サイズが変わってしまい眼球とのバランスに気を使いますが
PEではアウトラインのカーブが変わる(ベジェ曲線の様に?)というモーフ数種類で目の形を整えます(他にあるかもですが確認とれてません)のでサイズは変わりません
位置についても、フルボディモーフでのダイヤルではセット(目の周り全体、眉、眼球も含め)で移動出来たり
目と眼球だけで移動出来たり気が利いています。ヘッドでは目のアウトラインのみ移動も可能です。
私は涙袋はもう少し細かくしてほしいですが、概ね目のモーフは充実していると思います。
腹筋や筋肉と言うBODYまわりのモーフも充実しています。
Body形状も結構充実したモーフがありますが私的にはへその形の細かいモーフが欲しいですね
身長も自由に変更可能です。
トータル的に数、出来とも素晴らしいと思いますです。
しばらくはモーフになれることで終始しそうです。

そして、同梱されているポーズ集は大量です、おおいので数えてません(笑)
Eroさん的なエロポーズはもちろん
下着を脱ぐポーズのカテゴリまであるという手の入れようになっています。
しかし、関節は素晴らしいです、付属のポーズを使って見ました。
5b.jpg4b_20180114235238c51.jpg3b_2018011423523771c.jpg1b_20180114235235a32.jpg

全体的な感想は素晴らしいです。
関節は今までのPOSERフィギュアで一番と言っても過言では無いですね
まげた時の肉の盛り上がりなどJCMがとてもリアルに出来ています、素晴らしく綺麗です
vaginaはEroさんの過去の作品も素晴らしかったのですが、
今回はデフォルトですので互換性やずれに悩まされることもないです
そして相変わらずEroさんのvaginaはリアルで見事な造型です
テクスチャがちょっと残念ですがそこはテクスチャセットもこれから出る予定ですので

DAZバージョンはまだ出ていませんしアナウンスもまだです
POSER版のアップデートSR1の後出る予定はありますが・・・?出るのか?
現行は空きチャンネルがありませんのでPOSERのPMDでキャラクターを作る必要があります
JCMやセッティングもPOSER上で仕上がっていますし、DAZでのテストは初まっていませんので
DAZでは動作の保証はしてません、広がってほしい観点からもDAZ版が無いのは残念です
今この仕様でPOSER版のみ作るとは前にも書きましたがEroさんはやはりDAZと何か?あったのでしょうね。

前にPOSERユザーは保守的な人の集まりと言っていた方がおられましたが
実際当たらずも遠からずでしょうか?

しかし、現行POSERユーザーは買い物はしないのでは?というより
新しいものが少なく出来ないの方が正しいかもですね?

既存のフィギュアで確立したキャラクターを作って活動している方が多いせいでしょう

そして、新しいフィギュアが出ても様子見の方が多いように思います
何時まで続くか疑問視して見ている方が多く思います
スタンダードにならないと付随する物が出てこないからでしょうか?
変化に乏しい気がします。

ですから今回はPOSERのスタンダードになってほしいものです
チョット気合を入れてキャラを作りたいと思います。
皆さんも取り敢えず最低限のモーフしかありませんがデモ版で関節の確認をしてみてください

+

evolution .mesh5カウントダウン

2018年01月02日 12:03

明けましておめでとうございます。
00b_20180103142517828.jpg

evolution .mesh5 カウントダウン始まりました

1514658636947-early-edition_product.jpg


最後の最後までじらしてくれますね(笑)
クリスマスに提出したファイルはReadmeの不備で再提出
年末にテストによる数個のエラー(モーフダイヤルの動作)で戻されたようです(笑)
Readmeを書き直してエラー部分を修正、CR2書き直し
2日に再々度アップロードされました(笑)
二重三重の厳重なチェックを要請したとの事で各項目ダイヤルの再々チェックが行われているはずです
数百にも及ぶダイヤルのチェックですので公開には後数日かかる見込みですが、確実に始動しました。
秒読み段階です
テスターによるレンダリング画像が解禁になりましたので
一足先に沢山発表されていますのでごく一部をご紹介してお茶を濁します(笑)
1514450227665-evo1.jpg1514586303068-wintry.jpg1514710808910-pantyhose-fitting-2.jpg1514822263597-missevolution-copy.jpg1514586303068-wintry_20180103135121c4e.jpg1514903940892-guard-duty.jpg
1514883209595-pe6.jpg

最後に美しい眠りを
1514759150120-sleepyhead.jpg1514764441087-sleepyhead_02.jpg




あと、気になる価格ですが

デモバージョン:モーフの無いベースフィギュア(動作確認用としています) は無料

フルバージョン:4人種のモーフキャラクター
          数百に及ぶ項目のBodyモーフ同梱で30ドル

マネキンセット:コンテンツ開発用キッドは5ドル


ですので一般の方は30ドルのフルバージョン
ベンダーさんは開発用を足すと35ドルと言う事になります

まずは無料のデモバージョンで関節の動きを体験、確認して
モーフ付きのフルバージョンを購入するか否かを決めることになると思います
フルバージョンは数百にも及ぶという各種モーフ群はセット済みです
新たにオプションを買い足す必要はありませんのであとは自分用にカスタムすることになります。
日本人のベースがありますので作りやすいと思います。

皆さまデモバージョンをまずは試してください
良ければ買って使ってPOSERが少しでも盛返せればいいなと
POSERブログ管理者の私の願いです。

そして私はずっと、ずっと待っていました
やっと・・本当にやっと我が家にやって来ます
まずは普段使えるようにキャラクター作りをしないとですね

そして、
これから徐々にテスト結果を書いて行きたいと思います

evolution .mesh5 の今後の発展に期待します。

ちなみにSASHA_16さんのSR1は
evolution .mesh5 が落ち着いた二月ごろに延期になりました
evolution .mesh5の開発にも参加していることもあって
宣伝、発売、拡散をスムースにするため時期をずらしました
SASHA_16はSASHAと言う16才相当のキャラクターモーフが同梱での名前になりますが
SR1での名前はMISHA-18でMISHAという18才相当のキャラクターモーフが同梱です
SR1適応後もSASHA_16のモーフは動作しますので問題はありません。
こちらもちょっと期待しているのですが。

今年はSmith Microも発表によるところでは
POSERのメジャーバージョンアップもあると言う事ですので
2018年は久々にPOSERのNEWS が有る年になります
まずはevolution .mesh5



これからのPOSERの盛り返しを期待して
今回はこのくらいで

MNE











evolution .mesh5 GO

2017年12月13日 17:38

evolution .mesh5 betaのテストが無事終了!
細かいエラーが数個で大きなエラーはなかったようです

そして、エラー修正してアップロード
やっと来ます。
本日中にもevolution .mesh5 が発進です
1514352189214-pe-trio.jpg

ちなみに、Eroさんのevolution .mesh5についてコメント
evolution .mesh5は100%オリジナルメッシュです。

彼女は3Dスタジオマックスの平面ポリゴンからモデル化しました。まつげから爪までのすべて。
彼女のフォルムも100%オリジナルです。
UVマップは、MaxとZbrushで実行されました。
それらはユニークで、V4マップ(または他の誰かのもの)をそのまま使うことができません。
彼女のデモテクスチャはロイヤリティフリーの写真素材を使用して作成されました。

彼女は手動で、Poser Pro 11のセットアップルームで手作業で製作されました。
その後、Poser Pro 2014のセットアップルームで再調整しました。
彼女のウェイトマップはすべてPoser Pro 2014の中で行われました。
彼女のJCMは、Color CurvatureのPMLの助けを借りてGoZ機能を通じてZbrushとPoserで作成されました

CR2の修正は、D3DのPoser File Editorを使用

彼女の最終的なテクスチャは、デモテクスチャと、
著名なRenderosityベンダ(オリジナルの素材を使用している)による物

彼女の資料は私によって設計されたもので、第三者のプラグインを使用していません。

Project Evolution Mesh 5は、ポリゴン、頂点、トポロジー、コード、中心、向き、ERC、UVmap、骨、ウェイトマップ、モーフ、テクスチャ、素材はビクトリア4、ジェネシス1、2、3、8は絶対に共有しません。
ポーリン、アントニア、dawn、または他のPoserフィギュアとはまったく互換性はありません。

また、MaxonやAutodeskが作成したフィギュアとデジタルデータを共有することもありません。

このフォーラムの多くの人々がこのことについてV4との互換性を維持するように多分に警告しました。
しかし、Project Evolution Mesh 5は100%オリジナルです。

と言う事です。
何はともあれ発進いたします。
早くキャラクターを作りたいものです。


寒い日が続きますが皆さまお体に気を付けてお過ごしください
今回はこんなところで


MNE














Project E改め evolution

2017年12月06日 21:17


EroさんがProject Eの正式名称を発表 
”evolution .mesh5”

mesh5はバージョンに当たりますので呼び名的にはevolutionになりますね。
evolution、進化、ですね、いいのではないでしょうかPOSERでは未だV4がスタンダードの位置を譲りません
多少進化したフィギュアも出るには出ましたが受け入れらっれるところまでいていないのが現状です。
その理由の一つは、顔でしょうね、ゴリラだったり、人種不明の様な変な顔だったり
そこでevolutionはと言うと、ベースとしてはGOODだと思います、と言うのも。
evolutionにはデフォルトでベースモーフに大きく分けて四つのモーフがあります
メインキャラはアメリカンな娘です、まあ、普通のアメリカ娘ですね、
02_2017120618332449f.jpg5_20171206184735a9d.jpg
6_20171206184738072.jpg06_20171206184736f53.jpg

最後にメッシュと顔のコントロールポイントです。このコントローラーで表情を作ります
07_20171206184739851.jpg

それにあと他のモーフは北欧娘のNordic、アフリカン娘のBantu、そして~ジャパニーズ娘が~!
1510553178897-ethnic-bases.jpg
何とジャパニーズ娘のモーフがあるのですチャイニーズでもコリアでもなくジャパニーズです。
通称YAMATO
しかし初期のYAMATOはEroさん(外人さん)のイメージなのでしょう、見るからにチャイニーズでした。
08_20171206194637caa.jpg
これが初期のYAMATOですが私にはブサイクではありませんがチャイニーズ寄りに感じます
蒙古ひだが無く二重も薄くほぼ奥二重のようにになっています
目頭が鋭くほぼ平行で奥に向かって引っ込んでいます、これは日本人的ではありません。
血が薄くなってきているのでこんな方も当然いますが、やはり目頭が引っ込むのは日本的ではない顔に見えるはず
そして顔の細かな造形まで言ってもきりがないですし、そこは、付属のモーフでどうとでもなるでしょうが
目です、問題はデフォルトの目の構造なのです。
DAZフィギュアをモデラー無しで付属のモーフだけでキャラ作っても目が外人の域を抜けないので
パッと見それらしく見えても何~と無く、微妙~にハーフかチャイニーズの様な美人さんになりがちです。
眉が高く堀が浅く外側に切れていて丸みがなく横に平坦な目と言うのはアジアン共通です。
しかし、日本人には、前におまけさんもこだわって言っていた蒙古ひだがあります。
そして日本的美人さんはそこから広がって外側が広い二重がかわいらしいと感じます
蒙古ひだが小さいく目立たない人もいますが、これは純粋な日本人であれば(モンゴリアンも)特有のもので
ここだけで日本人に見えるものです、最近では涙袋も重宝されますが
眼がしら切開で整形した目や大きく平行な二重に整形した目の娘は
DAZフィギュアを付属のモーフだけで作るキャラのような美人さんになります

ですから普通の日本人的な目へ蒙古ひだを作って、
内側がくっついていて、外に向かって広がっていくように二重を直すのが地味に大変です
なので私はいくつかのバリエーションでV4の目を作り置きしてそれをベースに作り直します
しかしそうするとメッシュ構造ががらりと変わるので付属のモーフで目が閉じなくなり、余分な閉じるモーフまで作るはめになります

そんなことから今回Eroさんへ
ろくに出来もしない英語で取りつかれたかのようにメッセージを送りました
Eroさんへ日本人のフリーキャラ配布してる者なんだけど~、目が~、とそこの大切さを説明しました。
取っ散らかってるから順を追って冷静に整理してから説明してと言われながらも
私のホームページを見せて、せっせと目が大事目が~蒙古ひだとそこから広がっていく二重~!と強く主張しました。
すると見てくださいこれが最新のYAMATOです
かおが長いとか、頬が高いとかあごのサイズがデカいとかそんなものはどうでもいい
その辺は多分付属のモーフで何とでもなる、肝心なのはデフォルトでの目の基本的造形がJapaneseしているのが重要
付属モーフで目が閉じる日本的構造が
じっとこの子の目だけを見つめてみてください開いても閉じても日本人に見えるはずです、うれしいアップデートです。
01_20171206183322d36.jpg
04_20171206183327b2c.jpg
笑顔が結構自然ですね、
目を閉じるとわかりやすいです
蒙古ひだがちゃんとあって、そこが外人さんより少し前へ出ています
そしてそこから広がっていく二重の意見を取り入れてくださいました、
03_20171206183325835.jpg
出来ています、これでデフォルトのモーフで目は閉じる範囲でモデリング出来ます
これはもう顔を作りたくなってきました、作らなければです。
個人の意見を敏速に取り入れてくれるEroさんにかんぱいです。


05_201712061836550f4.jpg


今回はこんなところで


MNE


Project E 正式名称

2017年12月03日 03:22

Project E 正式名称が発表になりました。
まずはこれをご覧ください。

Project E - Name Unveil - New Poser Figure from Erogenesis Art on Vimeo.


ご覧いただけましたでしょうか
名前は”evolution .mesh5”にきまりました。

これからはevolutionと呼ぶことにしましょう。

そしてEroさん最後に日本人モーフのYamatoでしめるところ、憎いです。
メインのAmeriacnで始まり紹介ムービーの後、最後のカットはYamatoです。
前回の発表時はなかったYmatoの目の造型ですが
何度かのやり取りで提案した
目の蒙古ひだ(おまけさんも言っていました)と目頭から外の向かって広がる二重の採用が・・・感激です
取り敢えず目のベースがしっかりしていれば後は何とでもなりましから

外人さんはその辺が分からないので
V4やほかのフィギュアではいつもそこで苦しんでいたのでうれしい限りです

クリスマスですか~(*^。^*)
早くキャラクターモーフを作りたくなってきました、非常に楽しみです。

それでは今回はまたSASHAさんで一枚です
003b_20171203023900615.jpg
D|SではdForceで盛り上がりいますね
ですので今回はPOSERのBullet Physicsを使ってみました
布化したい部分をブラシで適応強度を塗り込めばいいだけの
リアルタイム物理シュミレーションです
方乳だけ布化してみました

D|SのdForceはBullet Physicsの応用のようですね。
OpenCLを使うと聞いたのでそうではないかと思っていたのですが
Bullet Physicsはオープンソースなので改造使用はOK
シュミレーション時間が短いくリアルタイムなところもそうなのかなと?
違ったらごめんなさい。

POSERではオリジナルのままのBullet PhysicsをPoserPro2014でのせてきました
しかし当時G3FがPOSERで動かないことと、
リアルタイム物理シュミレーションですは動画で本領発揮されるプログラムですので
あまりPOSERの新機能、Bullet Physicsに関心が行くこともなく
使う人が殆んどいませんで広がりませんでした。

動画のみならず2Dでも問題なく物理シュミレーション出来ます
コンフォーム服やフィギュアPropsやOBJなど
呼び出せるものすべてリアルタイム物理シュミレーションできます


布化したい部分のみならず
ぷよぷよにしたい部分、ゴムまりのようににしたい部分、ピンポン玉のようにしたい部分
それらをウェイトマップペイントの要領でブラシで適応強度を塗り込めばいいだけなのですが
認知度は低いですね。

2014の解説ですがPoser11でも使い方はほとんど一緒なので、
当時の解説のリンクを少しだけ
まず私の記事Poser Pro2014 Bullet PhysicsをTEST
全力さんの記事ぷるぷるのふわふわ…ッ! Poser新機能のBullet物理演算であっちもこっちも揺れまくり
kobamaxさんの記事PoserPro2014 Bullet Physicsを使ってみた1
竹里さんの記事PoserPro2014 の新機能 ~ Bullet Physicsを使ってみる
サスケさんの記事乳圧
Junさんのビデオposer pro 2014 でソフトボディスカートのウェイトの初期調整をしてみる例
Gray HughesさんのビデオPoser Bullet Physics

ほんの少しご紹介です
POSERユーザーの皆様でPoserPro2014以上をお持ちの皆様
本家Bullet Physicsプログラムで
巷で評判のD|SのdForceと同様の事が出来ますので遊んで見てください

今回はこんなところで


MNE