FC2ブログ

LuxRenderでネットワークレンダリング

2014年10月26日 05:48

今回は簡単にLuxRenderの便利でお得なネットワークレンダリングを説明します。

LuxRenderのネットワークレンダリングはPCのスペックやOSを問いません
休んでいるPCがあればシングルコアだろうがWinXPだろうが
LinixやMACでさえレンダりングのサポートをしてくれます。
家中のPCをつないでレンダリングすることも出来ます。
極端に言うとネットに繋がった友達のパソコンを借りることも出来ます
今日一時間貸して~、みたいな(笑)
設定、実行はとても簡単なので是非試してください
時間の大幅短縮となります。
私はノートを含め計四台でレンダリングしたりします
今回の画像はその4台で35分まわしました。

ネットワークレンダリングをするためには
LANかNETで繋がっている必要があります
そのため、通信をブロックするファイアウォールが邪魔をしてしまう場合があります。
私の場合はWindows8.1をサーバにしていてデフォルトで許可されていましたので
何もすることはありませんでしたが通信出来ないと言う時は確認してみてください
ファイアーウォールにてLuxRenderの解除するには
コントロールパネルでセキュリティ→Windowsファイアウォールとクリック
左の項目からWindows ファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可するをクリックします
クリップボード04
設定の変更をクリックしてLuxRender Sleveをチェックします
この時自分の使っているグループのほうをチェック(たいがいはホーム/社内)します。
1_20141026051046844.jpg
でOKです。

ではSlaveになるPCにLuxRenderをインストーラーを使ってインストールします。
このPCにはPoserやD|Sなどインストールする必要はありません。
LuxRenderさえインストールされていればもくもくとレンダリングのお手伝いをします
おりこうさんです。
そうしましたら、スタートメニューのLuxRenderの中のStart LuxRender Slaveを実行して下さい。
この時、はじめの項目にIP Addressが表示されます
これをメモっておいて下さい(表示されない場合はifconfigなどのコマンドで確認してください)。
d.jpg

SlavePCにスタートメニューのLuxRenderの中のStart LuxRender Slaveが無い場合
インストールフォルダの中のLuxConsole.exeのショートカットを作成し
ショートカットのプロパティでパスの最後に"-s"と追記しておくとそこから起動できます。

後はコマンドで起動も出来ます
luxconsoleをサーバーモードで起動するためには
コマンドプロンプト(ターミナル、コンソール)でluxconsole -sとして起動して下さい
-sの前に半角スペースを忘れずに。

SlavePCでluxconsoleをサーバーモードで起動された状態ですね
では、MasterPCでレンダリングをします。
PoserやD|S、BlenderなどからLuxRenderへエクスポートしてレンダリングを開始してください
この時テクスチャーのロードエラーが無いことを確認してください
クリップボード02
ここでエラーが出た場合は
エラーが無い様あらかじめPoserでマテリアルを調整してください
SlavePCのluxconsole側でエラーになる場合があります

MasterPCでレンダリングが開始されましたら
Networkタブを開き、一番上のServer欄にメモっておいたIP Addressを入力、
その隣にある+ボタンをクリックします。
少し待つと下の窓にメモっておいたIP Addressとその他項目が表示されます
もうしばらく待ちますとProgressとRateにレンダリングレート数が表示されます
クリップボード07

これでネットワークレンダリング完了です。

どうですか?爆速でしょう!


ではでは、今回こんなところです。

(○´ω`○)ノ**SeeYou**(○´ω`○)ノ・・・MNE