FC2ブログ

SAHSA_16について

2017年11月27日 22:08

POSERも新しいフィギュアは欠かせないと思うのですが
DAZと決別した今、DZA製品には期待できないのが現状です。

では、どうするか?
出てくる新しいフィギュアを試す、そして自分好みにカスタム出来るかを確認すること
しかしモデラーを駆使して顔や体を作り直すのは時間と手間が必要です。
だから好みに近いキャラクターを買って変形モーフでちょちょっと作る方が多いのではないでしょうか
そして好みの服やキャラクターモーフが沢山出ないことにはそれら全部作るとなると大変な事に
POSERのフィギュアのスタンダードになれない理由の一つでもあります。
そんなこともあって、Project Eも出てきますがその後のオプションや服、キャラクターモーフなどがカギです
休業中のPOSERベンダーさんたちでProject Eに賛同して再稼働すべくテストに参加している方も多くおられますが
DAZのように大がかりなプロジェクトではないので、周りのショップのサポートをどれだけ得られるか
本来久々に話題のフィギュアですのでSmith Microが乗り出してバックアップしてくれると完璧なのですが
何せPOSER同梱の純正フィギュアへ、Smith Micro自体がサポートしないのですから困りものです。
Project Eがどんなにいいフィギュアでも、サードパーティにかかっていますので少々心配はあります。
Project E、大いに期待しているのですが出てみないと何とも言えないのが今までのPOSERフィギュアのながれですから。

では今回はProject Eが来る前にSAHSA_16についてです
うちのKeiちゃんも問題なく適応、うちのV4服も問題なく変換出来ました
002b_20171201225159a29.jpg

このSAHSA_16さんは現行では、おすすめです。
000 Intro BD
と言うのは、SAHSA_16Karinaさんが作成したV4ベースのニューフィギュアですので
今までの大量なV4、A4、S4の資産が無駄にならないと言う事
新しいことを試すのにお金がかからないのが本当にいいのです(少ないこずかいが減らない)。

タイトルにある16と言うのはカリナさん独自の16歳相当のティーンモーフを同梱しているという事です。
001 Overview

カリナさんの16歳相当のティーンモーフと顔を私のV4キャラMNE 1(特に問題なく導入)で一枚です。
くどいようですが関節など一切の修正はしていません。
00b_20171129231524780.jpg


SAHSA_16さんはボディーの切り分けもそのままでV4のメッシュをそのまま使っています。
カリナさん作成のスクリプトでウェイトマップ、JCMにリグ可動域と可動部分と中身をそっくり入れ替えます
V4の皮をかぶった最新リグフィギュアですので関節は綺麗に曲がります
そして、筋肉の盛り上がりを上手にJCMで表現できています。
可動域と可動部分,インバースキネマティクスを解剖学に基づいて大幅に見直されました
これは例えば実際の人間は手首は回らないので手首の回転をロックしてあります、などなど。
可動域と可動部分,インバースキネマティクスを見直すことで曲がりすぎや逆曲がりが無くなり
マウスでのポージングが格段にスムースになりました
002 Meshes
前にあったPhantom3DさんのV4WM(ウェイトマップ仕様のV4 )との比較画像です
SAHSA_16さんはウェイトマップ、JCMにリグ可動域と可動部分すべてチューニングされています
zMBv4Ig.jpgX6iaOS8.jpg
そして、SAHSA_16さんは初めから純正で精密に出来た豊富なモーフを持つ性器を持っています
性器に余程こだわりが無い限り新しく組み込む必要はありませんのでうれしいですね

パラメーター群は綺麗に整理され各項目にきちんと収納されます
モーフ++もきちんと格納されていますので初めは戸惑うかもしれませんが慣れるとスムースにアクセス出来ると思います
003 Dials Params

そして、pose/ !## KARINA'S TOOLBOX と pose/ SASHA-16へは
Karinaさんのこん身のツール群が同梱されています
各種ZERO 設定や各FIXやCopyJyointCentres
PropsへのPointAtやワンクリックスウィッチ群は
karinaさんが奥にしまいこんであるパラメーターや隠したパラメーターのいっぱつ表示
リミッターのON,OFFや各BodyパーツのポーズロックとOFF
PYTHON群はマテリアル系が多いです、こちらはKarinaさんの開発環境がPro2014ですので
SuperFlyには対応していないですので使えない物があります
SSSはその代表でFirefly用のV4スキンを使ってSuperFly用SSSに変換するときはEZ Skinを使う事をお勧めします
後は100種類以上のカワイイポーズとエロポーズ集付き
005 Toolbox
後靴別にFEETポーズがあります
b01.jpg
至れり尽くせりですがSAHSA_16さんもクリスマスにはSR1が出る予定です
どんなパワーアップをしてくるのか楽しみです。

それでは、導入です。
トラブルを避けるためV4のインストールしてあるRuntimeにインストールしておいてください
character/SASHA-16/0 - SASHA-16 SETUPに進んでください
導入は左上から順に指示に従っていけば導入できます
まずSAHSA_16 WM LOADERをクリックBACEを起動します。
SAHSA_16BACEが起動しましたらV4EliteとV4 Morphs++をインストールする
あとは指示に従ってOPTIONALの自分のインストールすべきものをインストール
最後にキャラクターを保存です。
a01.jpg
SAHSA_16さんを構築するのにはモーフ++が必須ですので変形もV4同様に行えます
中身の入れ替え前にA4やS4、Eliteを入れておけばそれも使えます
今まで使っていたキャラモーフやボディモーフもSAHSA_16さんを構築後にそのまま適応できます

V4の服も付属のスクリプトで変換できます。
使い方は簡単クリックだけでV4服をSASHA16さんへ変換できます
・ステップ1として、ジョイントセンターをINJするだけです
"Karina's Tool Box> Tools"に行きSASHA16へコンフォームした衣服を選択
スクリプト "350 S-16 Copy Joint Centers"を実行します。
05_201709181538127f5.jpg
・ステップ2
SASHA16へコンフォームした衣服を選択した衣服へ
Poser Menu のFiguerの中の "Copy Joint Zones From ..."を実行します。
06_20170918154040a37.jpg
これによりSASHAのウェイトマップがジャケットにコピーされ、フィットするはずです。

・しかし、パンツやズボンは面倒で350 S-16 Copy Joint Centersでは完全ではありませんので
Poser" Copy Joint Zones From ...を実行する必要がありますが、そこに 問題があります
Poser" Copy Joint Zones From ... "が上手く機能しません
多くの場合はこれが原因で股間を大きく開脚すると綺麗に変形しません 

このスクリプトは簡単にV4服をSASHA16に変換するためであって
一般的なポーズにしか追随できず股間を大きく開脚すると綺麗に変形しません

Copy Joint Zones From ... "が上手く機能しないのは市販の服でも同じことがいえるものも少なくはありません。
しかしそれでも、これを回避する方法は あります
Morph Brushで修正するか、もしくはJCMを組み入れる・・・だそうです。

そこで、前の記事で書きましたので割愛しますがJCMを仕込むことで以外に行けることがわかりました
それによって、TightsとHipの間に見えるひずみをなくすことができますです。
JCMを組み入れることによってvagina付のSASHA16さんでもうまく動きます
JCMを組み入れるには前の記事をご覧ください。

ですから、ベースが変わったことをあまり意識せずに使えるようにと
カリナさんの用意してくれた沢山のツールによって
かなり移行のハードルは低いと思います
皆様も是非試してみてください。

今回はこんなところで


MNE