FC2ブログ

皆様暖かいご支援ありがとうございます

2019年09月17日 00:57

皆様暖かいご支援ありがとうございます。
それなのに返答、返信できずにすみません。
この連休、妻より来ないで休むように言われ少々自由な時間をもらいました
一日目はバンドの仲間としばしの会談を持つことが出来ました。
音楽の話をしているとつらい事もしばし忘れられて癒しの時間を持つことが出来ました。
二日目はPCに火を入れてネットサーフィンによる情報収集と数時間POSERを触ってみました。
あれだけやったのに忘れるものですね。


Sasha16さんはニューバージョンになったのは知っていて
少し前に出ていたのですが使う事が出来ずにいました。そして何とベースは今だV4です。
V4と言っても中身は最新のシステムに履き替えられていて別物?とでも言える代物になっています。
メッシュはV4ですから今までの資産、特にキャラクターやモーフはそのまま使えます
もちろんA4も使えます。
しかしウェイトマッピング(当時はなかった)やリグシステム
そしてJCMの新たな組み込みで服はそれらを転送しなければなりません
胸にコントールが付いたのでそれを使うと服を調整しなければなりませんがすぐできるので大丈夫です
まあとにかくSasha16さんの関節を見ていただきたく一枚レンダリングをSasha16 2019さんでしてみました
1_20190917005256d3b.jpg
これはマウスでつかんで動かしツイストだけパラメーターダイヤルで付けたポーズです
アソコの具はデフォルトで組み込まれています。
そして、ポージング後一切修正をしていません、レンダリングはSUPER Fryです。
Sasha16 2019さんすごいです、
確かにモノメッシュやローポリサブデビも利点はあるのは確かです
しかしSasha16 2019さんはメッシュを新しくすることの重要性を疑わせてくれる存在です。
これを作ったカリナさんはすごいっす

それと、POSERがアップデートすることは聞いていたのですが、それが16日から19日へ伸びたそうで
私にとっては残念ですね、今度は何時出来るか分からないものですから。

では今回分かった事をご紹介しておきます
今回アップデートによるPOSER11.2は機能の強化というよりもむしろレンダロのシステムに乗せる
っと言う意味合いが大きいようです。
チョットしたバグフィックスなどあるようですが、レンダロの管理システムに合わせる事と
新しいレンダロ思考のランタイムコンテンツへ移行する第一歩のようです
システムの大幅強化は次回以降となるようです。
今わかることは新しいチームと既存のメンバー混在で休みを削って仕事に取り組んでいると言う事
32,64ビット混在のガタガタの骨組みを64ビットベースで新たに組みなおすこと
レンダロのベンダーの意見も重視していくこと
コンテンツの強化に力を入れていくこと
新機能や機能強化については多くの意見があり現在まとめている段階

その中でも今回はコンテンツを強化すべく多くのレンダロベンダーの参加協力を要請
特にHiveWire 3D(DAZヴィクトリアシリーズの生みの親的な存在)が力を貸してくれたようです

現在分かっているのは
Dawn Special Edition Community Bundle
Full114614_940329202aca94f7c235c23f5a389dea.jpg

Dusk Special Edition Community Bundle
Full120889_b49c66f44f5cce60747aa31c52502ae6.jpg
Baby Luna Community Bundle

Full120894_4a000ad686768e9ba8910f95dbc8b3de.jpg

HiveWire Horse
Full122825_7130c47da9387e4ff2bba6c20751c1e7.jpg

っと、HiveWire 3Dから約$300相当の献上バンドルがあった事

それと、LaFemmeのベース、キャラクターや服がバンドルされること
っとランタイムの強化を図っています。
このほかにもレンダロに協力する新しいコンテンツが入りそうです。

これでいて無料アップデートですからしない手はありませんね。
私も登場当初ベースフィギュア無料で入手はしていますがモーフキッドはありませんでした
コンテンツは自作していたので購入することはここ数年無かったのですが
いただけるのであればいただきたものです。