FC2ブログ

Poser11 SR7ダウンロードOK

2017年07月29日 23:57


Bellaさんのスク水制作中

でBellaさんの関節がJCMによる変形がでかくて
JCMの組み込みに苦しんでいるので
Poser 11 SR7がダウンロードマネージャから入手可能になりましたし
SR7を適応してみます
0b_20170729235632a67.jpg

Poser 11をバージョン11.0.7.33971にアップデート

中身は拡張機能と修正のためのアップデータです。

SR7はいくつかの機能拡張を提供、報告されている問題に対処バグフィックスしています。
では長いですが内容でもどうぞ

<一般>
• ドキュメントウィンドウ: コンテンツをRenderタブにドラッグアンドドロップすると、安定性の問題が発生していました。
• 右上のアイコンを強調表示し、アイコンをクリックすると通知にアクセスします。重要なメッセージングにのみ使用
• オブジェクト: テキストプロップを作成するユーザーがフォントを選択できるようになりました。
• 大きな表示スケール設定で実行しているときに、
ポップアップテキストフィールドのコントロール/フォントサイズを改善しました(Windowsのみ)。
• マテリアルルームで大規模なテキストサイズのシステム設定用のダイヤルポップアップテキストフィールド用の
   固定フォントスケール
• SreeDドキュメントプレビュー: フィギュアサークルピッキングの改善(macOS高解像度のみ)。
• いくつかのダイアログが最初のアクセス時に視覚的なアーティファクトで描画される固定の状態。


<コンテンツライブラリ>
• selecteランタイムにないアイテムが見つかった場合に検索すると、すべてのランタイムが表示されます。
•._abc.ppzのようなファイル名を除外します。これらのドット/アンダースコアファイルは、
   通常、macOS上に隠されており、閲覧するためのものではありません。


<マテリアルルーム>
• マテリアルパレット スクロールの問題が修正されました。
• Mac Retina ディスプレイ上のマテリアルノードのドラッグ選択の問題が修正されました。
• 特定の状況で入力をするときの複合ノードの安定性が向上しました。
• 複合シェーダノード: 入力値を変更するときに、より確実に更新がプレビューされます。
• 複合シェーダノード: 複合ノードの拡張が改善されました
• 手作業で編集された複合ノードのmtlファイルを解析する際の安定性が向上しました。


<レンダリング>
• スケッチレンダリング: シーケンスのエクスポート時のメモリ操作の安定性が向上しました。
• SuperFly: ストランドベースのヘアを3Dモーションブラーと組み合わせると不安定になる固定ケース。
• SuperFly: 3Dモーションブラーのパフォーマンスが向上しました。
• SuperFly: レンダーエンジン サイクルのパフォーマンスの向上
• SuperFly: ScatterVolumeのドキュメントの改善。色の値を黒に設定したときの動作が改善されました。
• SuperFly: バンプと通常のマッピングを同時に使用できるようになりました
• SuperFly: グロスシェーディングが改善されました。
• FireFly: 輪郭レンダリングが有効(Pro以外のみ)
• SuperFly: "Starting" (Windowsのみ)。
• SuperFly: サイクル>ベクトル> ウェイト、背景、または別のプロセスでレンダリングするときのノード精度のマッピング。
• バックグラウンドまたは別のプロセスでのレンダリングに伴う安定性の問題を解決しました。
• SuperFly: ストランドベースの髪は、適切なUV座標を持つようになりました。
   サーフェスのもとによってテクスチャリングされます。
• レンダリングタブ: 最初のレンダーの一部だけが表示されるケース
• FireFly: ヘアプロップのレンダリング時の安定性が向上しました


<作成>
• 隠しパラメータはFigure→Copy Morphs From ...で省略されなくなりました。
• プレビュー: ディスプレイ上の改良された網膜のSreeD領域レンダリング(OS X高解像度のみ)。
• モーフィングツール編集モードと頂点ウェイトペインティング: 細分レベル> = 2の特定の状況で安定性が改善されました。
• フィッティングルーム: リグに含まれていないと指定されたボディパーツのコントロールプロップを誤って作成しなくなりました。
• モーフィングツール編集モード: 「現在のモーフを使用して作業する」が無効になっているときの
   モーフィングクリエーションの問題を修正しました。
• 頂点のウェイトペイント: ジオメトリのないボーンを編集するときの不安定さが修正されました
• パラメータ/プロパティパレットで「マスター同期が有効になりました」が表示され、
   パラメータ35288のマスター同期動作をグローバルに上書きできます
    選択は、[一般設定]に[計算順序で表示]と[隠しパラメータを表示]と一緒に保存されます。
• デフォーマプロパティ: マグネット属性が公開されているため、マグネットの作成が容易になり、フィギュアに効果があります。
• モーフィングツール/頂点ウェイトペイント: 最小限の(単一の頂点)ブラシサイズの場合、「Restrict to」に従うようになりました。
• フィッティングルーム: 特定の状況でCreate Figure ...を実行する際の安定性が向上しました。
• サブディビジョンサーフェス: メモリ処理が改善されました。
• モーフィングツール/頂点ウェイトペインティング(Vertex Weight painting): 
   オブジェクトがカメラベクトルに対して垂直に向いたポリゴンをたくさん持っていた場合、
    跳ね上がりを引き起こす固定ピッキングロジック。マグネット属性を公開することで、
   マグネットの作成が容易になり、フィギュアに優れた効果をもたらします。
• モーフィングツール/頂点ウェイトペイント: 最小限の(単一の頂点)ブラシサイズの場合、
    「Restrict to」に従うようになりました。
• フィッティングルーム:特定の状況でCreate Figure ...を実行する際の安定性が向上しました。
• サブディビジョンサーフェス: メモリ処理が改善されました。


<シミュレーション>
• Bullet Physics: シミュレーションのためにメッシュが悪いと判断されたときにログメッセージをポストするようになりました。


<アニメーション>
• パラメータがパレットに表示されたオブジェクトを削除した後、グラフパレットでシーンを保存するときの安定性が向上しました。
• グラフパレット: 高密度/スケーリングされたGUI状況でのY軸ラベルの描画を修正しました。
• アニメーションパレット: メインスケールのパラメータ(テキスト、アプリケーション、
   およびその他のアイテムのサイズ)が100%を超える場合の固定フレーム数フォントサイズ(Windowsのみ)。
• 高解像度ディスプレイ用の他の多くのUI修正


<インポート・エクスポート>
• FBXインポート: マテリアルのないファイルをインポートするときの安定性が向上しました
• FBXインポート: 以前にインポートできなかったFBXファイルのインポートが改善されました。
• FBXエクスポート: ユニコードファイル名での保存の改善
• FBXインポート: インポートが失敗する固定ケース
• GoZ: ZBrushとの統合に関するいくつかのバグ修正


<PoserPython>
• アプリケーションをシャットダウンするときに、pythonメソッドposer.CurrentRoom()とposer.SetCurrentRoom()を安全にしました。

   
<キューマネージャ(Poser Proのみ)>                          
• リモートノードからの失敗したレンダー転送を正しく認識するようになりました。
• リモートノードへのジョブ送信の信頼性の向上 
•  リモートノードが無効なフレームを返すときのマスターキューの安定性の向上
• SuperFly: アクティブなカメラがFigure(例:Faceカメラ)を指しているときに正しいパースペクティブを使用するようになりました。
• リモートマシン上のSuperFly Queueレンダリングで、バックグラウンドシェーダのイメージを尊重するようになりました。


<PoserFusion(Poser Proのみ)>
• PoserFusion for MayaはMaya2017をサポートするようになりました
•  PoserFusion for Lightwaveは、Lightwave 2016 Beta


<コンテンツ>
• 修正されたポールは眼瞼の回転設定を残しました。
• ポール前腕のサイドローテーションの設定を修正しました。


<問題点>
• デザイン: 11.0.0からBODYレベルのFull Body value parmsはTargetParmsに変換され、
   サブディビジョンレベルのモーフの潜在的なコンテナになります。
• モーフィングツール: ポーズで使用する新しいモーフィングターゲットを作成する場合
    (ゼロ以外のポーズで編集する場合)、形状に満足するまで、変換前にするようにしてください。
• モーフィングツール: 既存のJCMなどのプリトランスフォームモーフィングターゲットを編集する場合は、
   次のプロセスを使用してください。

編集するパラメータの1つのコンテキストメニューで[変換後の変形に変換]を選択します
モーフィングツールを使用して、シェイプに満足するまでモーフターゲットを選択して編集します
モーフィングターゲットを完成させるために、編集されたパラメータのコンテキストメニューで '変換前に変換する'を選択します。

• モーフィングツール: サブディビジョンレベルのモーフを変換前に適用することはできません。
• PoserPython: PhysicalSurface NormalMap入力は、
   kNodeInputCodeVECTORの代わりにkNodeInputCodeFLOAT型になりました。
• キューマネージャ: SuperFlyを使用してレンダリングすると、進行状況の表示が現在機能していません。



ざざっとこんなところらしいです
よくわからないところもありますがとりあえずアップデートしとけですか?

MNE


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mneposer.blog109.fc2.com/tb.php/487-8e3dc591
    この記事へのトラックバック