FC2ブログ

あけおめとPoser 11.1.1リリース

2019年01月11日 23:35

Poser 11.1.1がリリースされました。
新しくアップデートされたPauline2をちょっこと修正して一枚です。
z2.jpg

主だった新機能は追加されておりません・・がっかりです。
取り敢えずざっとPoser 11.1.1カテゴリ別の機能強化と修正箇所です。

<全般>
•Facebook共有を削除。
•セットアップルームの「床に落とす」は無効になりません。
•Pythonスクリプトでカメラを削除しようとしたときのエラーを通知。
•コンテンツの[ライブラリ]タブから[フォルダを再び開く]オプションを削除。
•[ムービー作成]ウィンドウの時間範囲のテキストボックスの表示が改善されました。
•オブジェクトの右クリックのコンテキストメニューに、関連性がある場合にのみ「Conform To…」コマンドが表示されるようになりました。
•ImportOptionsで接続されたグループに適切なオプションを構成するようになりました。
•カメラの軌道値を-360と360の間で変換するための新しいカメラプロパティを実装しました。
•[レンダリングとムービーの設定]ウィンドウを変更しました。
•FireFlyまたはSuperFlyにユーザーまたはアプリのプリセットフォルダーにプリセットがない場合、ロードプリセットは無効になります。
•FireFlyまたはSuperflyのユーザプリセットフォルダにプリセットがない場合、削除プリセットは無効になります。
•FireFlyまたはSuperflyのRrender in backgroundの「Send Render Toボタン」が削除されメニューの中のみに変更
•[プリセットの読み込み] 、[プリセットの削除]、[寸法のレンダリング]の上にマウスを移動すると、ヘルプテキストタグが表示されるようになりました。
•Light Controlウィジェットのライトが選択されているときは、DELETEキーで削除できます。
•セットアップルームの赤い丸はDisplay - > Figure Circleで削除できます。

<コンテンツ>
•新しいPauline / Paul 2を提供。

<キューマネージャ>(Proのみ)
•キューマネージャノードの正しいインストーラがダウンロードマネージャから利用可能になりました。
•キューマネージャがFFRenderを正しく呼び出すようになりました。

<バグ修正>
•カスタムカラー量子化をするとき、Flash書き出しオプションで[色を自動生成]ボタンを使用したときにPoserがクラッシュしなくなりました。
•Flashオプションダイアログで色を自動生成するときにプレビューレンダリングに変更してもPoserがクラッシュしなくなりました。
•“ Delete All Lights”を使用してもPoserがクラッシュしなくなりました。
•Prop nameがParameter Dialに正しく表示されるようになりました。
•3Dパスパレットは、ドイツ語版と日本語版でも正しく表示されます。
•Optimize Simple Materialsがオンになっている時、Poserがクラッシュしなくなりました。
•コピー/ペースト時に3Dパスの「セカンドパス」が正しく機能しない問題を修正しました。
•3Dパスが選択されたままになり、シーンを切り替えるためのキーボードショートカットの使用をブロックする問題が修正されました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mneposer.blog109.fc2.com/tb.php/543-165e34aa
    この記事へのトラックバック